ケータリングのことをもっと知ろう!

MENU

飲み放題のプランでブランディーは飲めるの?

ケータリングの「飲み放題」のドリンクのなかに、ブランディーが含まれているケースはほとんどありません。
どのようなケータリングであってもさまざまなドリンクを提供してくれますが、
それらは原則的にはケータリングで提供する料理に適したドリンクで、
一般的にはそのなかにブランディーは含まれていません。

 

ドリンクはケータリングの収益を高める商材であることから益率の高いメーカー製のドリンクをグラスまたはボトル単位で提供し、
料金は会場で利用されたドリンク別の数量をカウンとして請求されています。

 

こうしたシステムは「好みの種類や有名メーカーのドリンクが飲めない」
「どれだけ利用したか明確でない」といったゲストや利用者からの不満がありました。
そこで近年は、予約を受ける段階で「ドリンクの種類は固定せず、
利用者の希望にそって準備する」「利用数量をカウントしないで、一人当たりのドリンク代を決めておく」
といったシステムが導入されています。

 

「種類は利用者の希望にそって準備する」ケータリングでは、
予約の段階でブランディーの提供を依頼しておけば飲むことができます。
しかし「利用数量をカウントしないで、一人当たりのドリンク代を決めておく」
いわゆる「飲み放題」の場合は、ドリンクのなかにブランディーが含まれているケータリングは少ないのが現状です。
これはランクにもよりますが、
ブランディーの価格によるものと言えるでしょう。
ゲストが満足するような高価なドリンクを出せば「飲み放題」の料金を高くせざるを得ず、
結果的にケータリングの料金が高くなるからです。
なお年代物のワインやウイスキー、有名日本酒や焼酎などにも同様なことが言えます。
 

お花見ケータリングってなに?

お花見には料理と酒はつきものですが、幹事にとってそれらを準備することは一苦労です。
そうしたなかで近頃注目されているのが、お花見ケータリングサービスです。
冷えたビールなどの飲み物はもちろんのこと、
さまざまな趣向を凝らした弁当やオードブルなど、予約しておけば花見会場まで届けてもらえます。

 

料理や飲み物を買い出ししたり会場まで運んだりする必要もありませんから、
幹事はしっかりと事前予約しておけば、当日ものんびり構えていればいいのです。
こうしたサービスを「お花見ケータリング」と呼んでいますが、
正しくは「お花見デリバリー」と呼ぶべきサービスと言えます。
それは、お花見ケータリングは会場で調理をするサービスではなく、
料理を会場まで運んでくれるサービスだからです。

 

わが国の場合、
ケータリングの「会場で調理して、料理を提供する」
という一番の特長がないサービスについても、
お花見ケータリングを行っている会社のサイトでも見られるように
「出前、宅配サービスや出張料理などの飲食店以外の場所へ、
]料理や飲料などを運んだり提供したりしてくれるサービス」と定義付けて、
デリバリーサービスのこともケータリングと呼んでいるケースが多数あります。

 

そのことで、ケータリングを本来の意味で理解している人にとっては、
お花見ケータリングと聞くと花見会場で調理して料理を提供してくれる
サービスをイメージする人も少なくないと思いますが、そうではありません。

 

しかしデリバリーとはいえ、お花見ケータリングは準備をする時間を割けない忙しい人にとってはうってつけのサービスとして利用を拡大しています。
 

更新履歴